日帰りスキーと現金と

日帰りスキーツアーに参加する時、余分に持って行っておいた方が良いのが現金です。
日帰りスキーツアーは、往復の交通費の他、リフト券代やレンタル代もすべて含まれているというツアーが多い事が特徴です。
リフト券やレンタル代まで含まれているのであれば、それ以外は特にお金を使う必要はないのではないかと考える人もいますが、それ以外に食事代やロッカー代、そして含まれていない物を借りる為のレンタル代等が必要になってくる事があります。

詳しく知りたいNAVERまとめの専門サイトのこちらです。

食事は安く済ませれば良いと考える人もいますが、スキー場の食事は割高になっている事が殆どで、余分に用意しておく事が大切です。ロッカー代はスキー場によって異なります。

コインロッカーなら数百円程度で大きな出費にはならないと考える人もいますが、スキー場によっては出し入れ自由な代わりに料金が1、000円というロッカーもあります。

スノボーツアーの情報をご提供しています。

ですから、その料金はしっかり用意しておく事が重要になります。

そして、日帰りスキーツアーについているレンタルの内容は、ツアーによって様々です。

板やウェアを借りる事が出来れば、それで問題ないと考える人もいますが、ゴールル等の小物も必要になってきます。
こうした小物類がついていない場合、別に料金を支払ってレンタルをする事になります。



レンタルの内容を確認して、足りない物があれば、用意をしておけば、ツアー代以外にレンタル代を支払う必要はなくなりますが、忘れた時の為に、現金は余分に持っておく事がおすすめです。